純正品とリサイクル品の違いのメモ

純正品とリサイクル品の違い

純正トナーとリサイクルトナーの違いはどこにあるのか?
それぞれのトナーのメリット・デメリットで説明したいと思います。
純正トナーのメリット
1:メーカー品ということの安心感がある。
しっかりとした生産過程を経て売り出されているため、製品自体に何の心配もありません。 2:もしものトラブルや、不良の場合に、
メーカー保障期間内(だいたい1年)なら無償で修理対応が可能。
保障期間外であっても丁寧かつ迅速に対応してもらえる。
ただし、
使用者に過失があった場合、無償の修理期間でも有償の修理になる可能性がある。
純正トナーのデメリット
1:トナーの単価が高過ぎる。
1回交換に数万円掛かってしまうのは、
経費を圧迫してしまいます。
2:コストパフォーマンスが悪いので、
気軽に印刷できない。
3:生産が終了してしまった製品を手に入れれなくなってしまう。
リサイクルトナーのメリット
1:単価が純正トナーと比べると非常に安くて、コストパフォーマンスに優れている。
2:これは、メーカーにもよりますが、純正品と同等の品質があるリサイクル品も増えて来ている。
3:リサイクル品なので、地球や環境に配慮した製品になる。
4:生産が終了した製品でもリサイクル品は対応している場合がある。
リサイクルトナーのデメリット
1:製造メーカーのトナーカートリッジによって品質に差が出る。
2:メーカーの保障期間内であっても、無償修理を断れてしまう可能性が高くなる。