汎用品のリサイクルトナーのメモ

汎用品のリサイクルトナーとは

汎用トナーとは、
簡単に言えば純正メーカーとは違う他社メーカーが作成したトナーのことを言います。
ノーブランド品(NB)と言ったり「白箱」とも言われており新品のカートリッジのことをいいます。
汎用品を使用するにあたって色々調べてみると、
基本的には純正品と変わらず問題なく作られているという話なのですが、
やはり中には粗悪品に当たってしまうこともあるようです。
本来、純正品のトナーカートリッジというのは、
知的財産所有権(製法特許など)や、
技術力、設備等を備えた限られた数社のメーカーによって製造されており、
各メーカーの商標(ブランド)でそれぞれが流通しています。
一方、汎用品はどういった製品かと言うと、
そういった基礎・後ろ盾の部分はなく、
メーカー品から型抜きやメーカー品を
元に実際の寸法を測定するなどして作られたものが非常に多いため、
細かな凹凸が微妙に大きさが違っていたり、
ギアの形状が微妙に合わなかったり。
といったメーカーの純正品では検品に引っかかるであろう
粗悪品や不良品が混ざっていることがあります。
しかし、汎用品は、
メーカー品と比べて一般的に価格が安くて購入しやすいというメリットはあります。
品質試験などは純正品より明らかに基準の低い試験でしょう。
その理由に、
最近では中国で製品化された粗悪品が相当多く入って来ており、
品質の低下は否めない状況です。
現状では、
リサイクルトナーのほうが品質が良くて人気があるのではないでしょうか。